株式会社ろのわ

熊本県菊池市の無農薬のオーガニック食品なら【株式会社ろのわ】へ | 有機JAS認定

ろのわについて
ホーム > ろのわについて > ろのわについて

ろのわについて

  • "ろのわ"の由来

    "ろのわ"の由来

    “Lono”はハワイ語で「収穫の神様」を表し、“わ”は「和・環・輪」をイメージしております。

    農業と他の事業を結び付けながら、実りの多い仕事をしていきたいという気持ちと、人の輪を大切にする社会でありたいという気持ち、この二つの言葉を結び付けて社名を“ろのわ”としました。

人と人、そして未来をつなぐ輪

  • 「和」国産へのこだわり

    私たちは、現在の日本の食を支える農業の在り方を変え、いずれは食料自給率を上げたいと考えております。
    次世代へ“安全でおいしいもの=国産の農産物”を絶やすことなく提供するために、日々努力と研究を重ねております。

  • 「輪」信頼でつながる

    私たちは、すべての作物に精一杯おいしく育ってくれるように、愛情を注いで栽培しております。
    「ろのわ」では、栽培方法やこだわり、想いを明確にお伝えできるように、農場見学を積極的に行っております。
    “手を抜かない・ごまかさない”それが信頼をつなぐことだと考えております。

  • 「環」循環型農業

    私たちは、環境を守る農業を推進しております。
    放置すれば悪影響を及ぼす糞尿などを、自然の力を借りて有益なものに変えて自然に還します。
    その自然の力を借りて、また新たな作物を育てます。

農薬・化学肥料について

  • 農薬・化学肥料について01

    農薬や化学肥料を使用する大きな理由には、「食物の安定的な大量供給」と「輸送時のコスト面」が挙げられます。

    食物の安定的な大量供給を可能するためには、「作物を害虫や天災から守る」ために農薬を使用する必要があります。

    輸送時のコストを抑えるためには、少しでも多く箱詰めをする必要があるため、「形を統一」する必要があります。

    しかし、言わばそれらは人工的に作られた「工業製品」のようなもので、食物本来の姿とは異なります。

  • 農薬・化学肥料について02

    「ろのわ」の食物は、見た目がいびつな形であったり、色も鮮やかでないものもありますが、食物とは本来そのようなものなのです。

    農業は天候や周辺環境の影響を受けるため、計画通りには行かないものですし、また計画通り作るには、どうしても農薬や化学肥料が必要になりますが、「ろのわ」ではそのような「人工の力」は一切使っておりません。
    それは、食物本来の「姿・形・味」を皆様に知っていただきたいからにほかなりません。

    ぜひ一度、「ろのわ」で食物本来の「姿・形・味」をご体感ください。

有機JASとは

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らない、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物・加工食品・飼料及び畜産物に付けられております。
有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
  • 「ろのわ」の農作物

    「ろのわ」の農作物

    「ろのわ」の農作物には、農薬や化学肥料が一切使用されておりません。
    そのため、天災などから守る「人工の力」の代わりに、「想い」を込めて育てております。
    スーパーなどで見る野菜と比べて、形や色などが「いびつ」で「発色も劣っている」ように思われる方もいらっしゃるかと思いますが、自然の食材とは本来そのような姿です。
    そして、食材には目には見えない生産者の想いが詰まっております。

    目には見えない「ろのわの想い」を、ぜひ感じてください。

  • 有機JASの食材

    有機JASの食材

    食材の価格は流通コストが大きなウェイトを占めています。
    そのため、一般的に大企業などは大量生産に加え、薬品を使って作物の大きさを統一することでコストダウンを行っております。
    対して有機食材は、手間がかかるため大量生産ができず、加えて形も違うため、箱にも大量に詰め込むことができません。
    そのような欠点はありますが、有機食材には安全・安心に加え、他にはない「想い」が込められております。

    有機食材は「全粒粉も無農薬」のため、安心してお召し上がりいただけ、生産・加工などの過程で捨てるものがないため、環境へも良いのです。

生産環境について

農業を行う上で重要な要素は「水」「土」「太陽」と言われております。
「ろのわ」の生産環境は「水」「土」「太陽」、全てに恵まれた環境で生産を行っております。

◆「水」について
「ろのわ」の所在地である熊本県は、水の都と言われるほど地下水が豊富で、その味も「蛇口を捻ればミネラルウォーター」と言われるほどおいしいです。
「ろのわ」では、阿蘇外輪山の1つ鞍岳(くらだけ)の上流を流れる伏流水を使用しており、その流れる水の味もまた格別です。

◆「土について」
当社では、25年以上農薬を一切使用していない「自然の土」で育てております。
また、定期的に有機堆肥で土に栄養をあげており、土の健康状態にも常に気を配っております。

◆「太陽」について
「ろのわ」の畑には、周囲に高い建物がないため、贅沢な陽の光のもとで常に育てられます。
恵まれた環境で育った「ろのわ」の商品をぜひご賞味ください。
  • 「ろのわ」の加工について

    「ろのわ」の加工について

    「ろのわ」の加工は、100%機械化するのでなく、人と機械の共同作業で加工を行っております。
    農薬や化学肥料を使っていないため、「いい原料」で「いい加工」が可能です。
    また、人の手で加工することで、「想い」が伝わる、そんな加工を目指しております。

  • 「ろのわ」の販売商品について

    「ろのわ」の販売商品について

    「ろのわ」の販売している商品は、「無農薬・化学肥料不使用」のため、安心・安全で素材本来の味が楽しめる商品となっております。
    現在、全国各地のレストランや販売会社様へも販売しております。
    ぜひ、「ろのわ」の商品を通じて「本物の味」をご体験ください。

取り扱い商品